ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

タグ:太陽光発電 ( 18 ) タグの人気記事

これからの太陽光発電はどうなるかとネットで調べてましたら面白い太陽光価格比較サイトを見つけました。従来より落ち着いた感じがします。太陽光ブームも終わろうとしてるのかもしれない。施工業者も淘汰され良質の業者が残れば良いですね。”固定価格終了後はどうなる?”の記事は参考になります。

太陽光価格比較サイト「初心者や女性にわかりやすい太陽光発電のサイト」
http://solar-kakaku.net/

a0249215_21352156.jpg
塗装作業が始めました。スプレーガンなどを使って塗装するのかと思ったら全部手塗り作業でした。驚きです。

CIS(3.78KW)の発電データ 231kwh/458kwh(前年11月実績)
11月18日(火)晴れ 16/3° 風速5m/s
発電量 20.2kwh 
消費量 19.6kwh 
屋根散水 休止。
GTI(100w×2) 正常に動作 111w
所見:今日は風が吹いてました。^^
[PR]
by onizahei | 2014-11-18 23:25 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 ソーラーパネルには各メーカーがJIS規定で定めた公称最大出力・モジュール変換効率があります。
CIS系 12.2%
シリコン系 15.7%
HIT系 18.2%
の変換効率としますと
CIS系は1kwあたりシリコン系で約1.3倍、HIT系で約1.5倍の面積が要ります。屋根のスペースや予算を考えてメーカー選びをしたいですね。我が家では比較的広い屋根と限られた予算でしたのでソーラーフロンティア製となったのですが1kwあたりの発電量の多さはソーラークリニックでも実証済みです。

CIS(3.78KW)の発電データ 月累計65kwh/480kwh(前年9月実績)
9月6日(金)雨のち曇り 25/22° 風速2m/s
発電量    5.0kwh 
消費量   13.2kwh 
屋根散水  休止
所見:涼しい
[PR]
by onizahei | 2013-09-06 23:01 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 ソーラフロンテアのCIS系パネルは結晶系パネルに比べて効率が悪いのでワット数当たりの面積が大きいです。こうすることによって他のメーカーと同等の出力が確保することができます。ところがソーラークリニックの発電量ランキングでは上位を独占してます。先発メーカーが作り上げた変換効率試験を順守し、不利な状況の中で結果を出したソーラフロンテアを応援したいですね。⊂(^・^)⊃

CIS(3.78KW)の発電データ 月累計127kwh/479kwh(前年6月実績)
6月6日(木)曇り 27°/19° 風速2m/s
発電量   13.5kwh 
消費量    8.1kwh 優
屋根散水   休止
所見:曇り空で少し晴れもあり、
[PR]
by onizahei | 2013-06-07 04:35 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 ソーラークリニックの”月間発電量ベスト10 2013年2月時点”に1月5位に続いて4位ランクインしました。一つランクが上がりました。o(^▽^)o
よく見ると1月は5位から6位に変わっていて”トラさん発電所”は10位から消えてます。更新のたびに過去のデータも修正されるようです。3月は長野県周辺が台頭してきて我が家の”清風発電所”もベスト10から消えそうです。
[PR]
by onizahei | 2013-03-26 19:27 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 1月のソーラークリニックの「月間発電量ベスト10」に初めてランクインしました。”清風発電所”は5位です。茨城県では”トラさん発電所”が10位に入っています。いずれ我が家の発電所はランキングから消えるのでしょうが性能、立地条件等がベストチョイスだったことが裏付けられたことは嬉しいです。(((o(*゚▽゚*)o)))
 県内では”トラさん発電所”が当面の間のライバルですが1位の座を奮回されそうです。屋根散水装置で夏場の劣勢をどこまで踏ん張れるか楽しみです。(^^;)
[PR]
by onizahei | 2013-02-22 13:46 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 ソーラークリニックに初めて過去12ヶ月の合計による「年間ランキング」が表示しました。
”清風発電所の発電ランキング
”2012年12月発電所数1412件
”発電量1583.1(kWh/kW)
”発電量順位13位
”発電量100件順位1位

”発電指数(3地点平均)137.5 (古河、久喜、館林)
”発電指数順位27位
”発電指数100件順位2位

”茨城県内発電所数33件
”茨城県内発電量順位1位

”発電所の増加に伴いデータが更新されるため、ランキング公開時点と順位が異なる場合があります。
”100件順位は、全体を100件とした場合の順位を表します。
”順位の低下は必ずしも性能の低下を表す訳ではありません。

見方は今もよくわからないのですが、これからドンドン順位は低下すると思いますが初年度としては好成績です。
グラフを見ますと夏場に順位が下がり冬場は踏ん張っているようです。製作中の太陽光・散水システムでパネルの冷却で発電の向上を期待したいですね。(^^;)
[PR]
by onizahei | 2013-01-25 11:29 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 今日は快晴の強風です。太陽光発電の方は定格3.78kw超えをしました。(^^)雪で表面が綺麗になって発電効率が上がりました。我が家では5.5kwのパワーコンデショナーが付いています。計器の誤表示かもしれませんが発電してると思いたいですね。
a0249215_13345584.jpg
独立電源の方は9時頃から連続送電をしています。バッテリーは12.3V位で安定しています。写真では風車は止まっているように見えますが勢いよくまわっています。
[PR]
by onizahei | 2013-01-17 13:41 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
2012年の清風発電所の収支報告です。

発電量 5811kwh×42円=244.062円(仮に全部売電した時の名目売電額)
消費量 4559kwh×27円=123.093円(基本料金+従量電灯Bの平均料金での消費電気料金)
名目売電額-消費電気料金=120.969円(名目利益)です。

売電量 4401kwh×42円=184.842円(実質売電額)
買電量 3149kwh×27円= 85.035円(支払った電気料金)
実質売電額(184.842円)-支払った電気料金(85.035円)=99.819円(純利益)です。

消費電気料金(123.093円)-支払った電気料金(85.035円)=38.058円(30.9%)の節電効果がありました。
純利益(99.819円)+節電効果分(38.058円)=137.877円(実質利益額)です。

設備投資額(200万円)÷名目売電額(244.062円)=償還期間8.2年となり、
設備投資額(200万円)÷実質売電額(184.842円)=償還期間11年となり、
設備投資額(200万円)÷実質利益額(137.877円)=償還期間14.5年となります。

設備投資額の中には雨水タンク設置費用、独立電源の風力発電システムの費用が含まれています。
我が家の太陽光発電導入は成功していると思います。(^^)

More
[PR]
by onizahei | 2012-12-14 09:10 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 私が昭和シェル石油のソーラーフロンテア製CISパネルを選んだ理由を書いてみます。CISパネル最大の欠点は結晶シリコン系パネルに比べて発電効率が悪いことです。具体的にはワット数当りの面積が大きくなります。それと販売されてからの日が浅く、耐久性はメーカーの広告カタログを信用するしかない。

結晶シリコン系パネルのように長年の実績がないので未知数のところあり、正直はっきりとわからないです。同じ化合物系では本田技研のソルテックも発電効率に難があります。研究開発の段階では結晶シリコン系に近い発電効率を実現してますが量産にはあと数年かかるとのこと。

HIT(結晶とアモルファス)系が最も発電効率が良いですが新しい製品ですのでやはり耐久性がわからない。12年前太陽光を導入しょうとした時、御三家(シャープ、京セラ、サンヨー)のメーカーしかなく償還に30年はかかる状況でした。省エネ意識の強い富裕層向けといった感じです。

 昭和シェル石油の参入と外国勢のパネル流入によって価格がドンドン下がってきてますね。”なんだ価格を下げることが出来るんだ”という思いもあり、先発メーカーのメーカー希望小売価格と実勢価格の開きがあまりにもひどく、先発メーカーに対して不信感を持っています。ソーラーフロンテアも今はオープン価格にしてます。

 石油元売り各社は製油所を縮小しており、斜陽化する本業を見据えて昭和シェル石油が社運をかけて参入したのを応援したい気持もあります。日立の薄型テレビ工場を従業員ごと引き受け、国内生産に踏み切ったことにも好感を持てます。
[PR]
by onizahei | 2012-11-23 18:39 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
 ”関西電力は13日、新たに和歌山県白浜町で同社で3カ所目となる風力発電所(風車3基、出力計6000キロワット)を建設する検討に入ったことを明らかにした。東京電力福島第1原発事故の影響で、原発比率が高い関電は電源構成の見直しを迫られるのは必至。今年7月に導入された再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度は関電も利用可能で、風力や太陽光などの強化を急ぐ。(ヤフーニュース)”

 ここで私が思うのは、電力会社は損をしないで電力料金に転嫁できるということです。国内の優良企業はすでに自家発電設備を強化しており、余剰電力は固定価格買い取り制度を利用する流れになってきてます。崩壊寸前の民主党政権の功罪が問われることになりましょうが、核武装を念頭にした原子力推進派の動向を注視しています。ノーベル平和賞受賞元首相は「人の命は地球より重い。」と云い、受賞に際しては「私が頂いたのではなく、国民の代表として受賞したのです。共に喜びましょう。」と謙虚に発言。戦後の日本の歩みを決定付けました。今の自民党はそれを忘れている。

 それにしましても電力料金は確実に値上がりします。これからの日本はどうなって行くんだろうか?生活防衛の節約とエコに励むしかないですね。
[PR]
by onizahei | 2012-11-15 07:15 | 沈黙の王 | Comments(0)