ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

タグ:スターリングエンジン ( 9 ) タグの人気記事

 ”低温度型 スターリングエンジン バルク品”Amazon 新greed堂 4,700円は手の平(温度差7℃~8℃)では動かない粗悪品と言われていますが、携帯用魔法瓶(90℃200cc)で5時間以上動くように調整を続けたところ温度差20℃前後で稼働することは解っていました。朝起きて室温が15℃。もしかして体温との温度差で動くかと手の平に載せて実験したところ、見事に動きました。バルク品ですので当たり外れはあると思いますが購入者の努力よっては性能を発揮します。”ローコスト・ローテクの低温度型スターリングエンジン”の自作を考えておられる方には逸品です!
a0249215_9292311.jpg
ゆっくりですが手の温もりで動いています。^^v

CIS(3.78KW)の発電データ 241kwh/518kwh(前年2月実績)
2月17日(月)晴れ 11/1° 風速5m/s
発電量 24.1kwh 
消費量 14.4kwh 
屋根散水  休止
所見:寒いですが風車日和。
[PR]
by onizahei | 2014-02-18 10:18 | 手作り工作 | Comments(0)
 このスターリングエンジンの欠点は音がうるさいことです。昔懐かしい古時計のカチカチ、カチャカチャとした音ですが回転が早くなると騒音ですね。音が出ている処は本体上部のガラス管ピストンとガラス管シリンダーでクランク軸が上下する度に僅かな隙間で打音が発生します。そこで潤滑油を垂らして静音にしようとしますと途端に動かなくなります。潤滑油の粘性でブレーキがかかるようです。よく見るとピストンのガラス管は曇りガラスのように表面を荒くしています。オリンピックのカーリング種目の氷上の表面を凸凹させ水の粘性を防いでいる仕組みと同じですね。
a0249215_14385521.jpg
他の部分に潤滑油を添付するのは良いのですが、このガラス部分は厳禁です。もし油が入り込んだ場合は一度カムからクランク軸ピンを外してピストンを引き抜いて油を拭き取れば正常に動作します。この僅かな隙間で本体の空気圧やクランク軸のタイミングを調整する重要な役割をしている箇所みたいです。という事で音の問題は直らない。でも学習教材の普及品と考えれば無印・良品と思いますよ。

CIS(3.78KW)の発電データ 190kwh/518kwh(前年2月実績)
2月14日(金)雪のち雨 4/-1° 風速1m/s
発電量 0.4kwh 
消費量 22.2kwh 
屋根散水  休止
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2014-02-15 00:43 | 手作り工作 | Comments(2)
 私が購入した低温度型スターリングエンジンは販売店「ABC science」で類似品の擬い物と紹介されている物と同じもののようです。確かにブランド品のように手のひらの温もり(7℃~8℃の温度差)程度では動作しません。20℃ぐらいの温度差で動作します。マグカップのお湯(90℃200cc)で30分位動作してます。構造が理解しやすいし、自分で手作りの参考にするのにはちょうど良いと思います。精度はおもちゃ(手作り工作)と工芸品(精密模型)との中間に位置する品物ですね。
a0249215_2033585.jpg
潤滑油を添付し調整して携帯用魔法瓶(90℃200cc)の上に載せて実験したところ3時間ぐらい動作しました。”安物買いの銭失い”にならなくてよかった。^^v

本物嗜好の販売店「ABC science」のサイト(英国ブランド品と類似品との違いを詳しく比較してます。)
http://www.xootr.jp/abc/kon/index.html

CIS(3.78KW)の発電データ 190kwh/518kwh(前年2月実績)
2月13日(木)晴れ 9/-4° 風速1m/s
発電量 21.6kwh 
消費量 23.3kwh 
屋根散水  休止
所見:少し暖かい
[PR]
by onizahei | 2014-02-14 00:31 | 手作り工作 | Comments(0)
 ”低温度型 スターリングエンジン バルク品”Amazon 新greed堂 4,700円を購入。おそらく東南アジア製のものでバルク品と銘打って売っているところが販売店の良心が感じられます。製品そのものはしっかりした作りで原理や構造を研究するには値段も手頃で最適な商品です。個人・並行輸入品のようで郵便で送られて来ました。
a0249215_10324965.jpg
コチコチと作動音がするのでCRC(潤滑油)を添付したところ止まってしまった。油の粘性で動かなくなるほど精密な物のようです。油を拭き取って動かしたら置時計のようにのんびりした動きをしています。上部のピストンとシリンダー部には油を添付しない方が良さそうです。

CIS(3.78KW)の発電データ 168kwh/518kwh(前年2月実績)
2月12日(水)晴れ時々曇り 8/-2° 風速2m/s
発電量 13.2kwh 
消費量 14.3kwh 
屋根散水  休止
所見:少し暖かい
[PR]
by onizahei | 2014-02-13 10:58 | 手作り工作 | Comments(0)
 私のスターリングエンジンの制作は行き詰ってます。やはり良い作品の見本を直に見て観察したいと思いネットで探してみました。こだわりのホビーエンジン・ショップをみつけました。特に最後の方にある”グラスオブジェ”は必見です。職人の芸術作品ですね。富裕層向けのショップですが”スターリングエンジン”は他のネットショップと比べても良心的な価格です。こういったこだわりショップが増えるといいですね。

注目のこだわりショップ
http://www.xootr.jp/abc/kon/index.html
[PR]
by onizahei | 2013-02-01 19:01 | 手作り工作 | Comments(2)
 中級者・上級者向けスターリングエンジンのサイトを見つけました。
中級者向けはイギリス人の方で初心者でも作れるように丁寧な解説付きです。
http://myfordboy.blogspot.jp/

上級者向けはロシア人の方でマグネットを利用した作品です。優れたアイデア作品です。
http://www.physicstoys.narod.ru/

 どちらもプロの作品です。私などは老後の趣味として習得したいと思っています。しかし、それにしてもアジア系の商魂たくましい模倣作品群のパワーには恐れ入ります。購入するなら、このロシア人の方のものにしょうかと思っています。日本ではすでに手作り・物造りの技術が失われつつある中で外国人技術者の健闘ぶりに応援したいですね。
[PR]
by onizahei | 2012-08-13 05:45 | 手作り工作 | Comments(0)
a0249215_4261990.jpg
2作目のスターリングエンジンです。これは何とか動きました。嬉しいですね。難しいのは容器の空気漏れがないようにすることと、ピストンのディスプレーサのタイミングを合わすところでしょうか。
[PR]
by onizahei | 2012-08-07 04:37 | 手作り工作 | Comments(0)
 スターリングエンジンを作ってみました。
a0249215_1442876.jpg
ところが、ぜんぜん動かない。何が悪いのか調査中です。一番簡単そうなのを選んで作ってみたのですが難しいですね。
[PR]
by onizahei | 2012-08-02 14:13 | 手作り工作 | Comments(0)
 YouTubeで風力発電機の動画を観ていましたらスターリングエンジンの面白いサイトを見つけました。孫の夏休みの工作に最適です。(^^)コウユウノッテ大好きです。他にも風力発電機、ソーラー自動追尾装置、ミニレギュレータ、熱交換発電と手作り工作が満載です。子供から大人まで楽しめるサイトです。
 このどちらかでアクセスできると思います。
http://www.scraptopower.co.uk/home
https://sites.google.com/site/reukpower/home
[PR]
by onizahei | 2012-07-24 00:42 | 手作り工作 | Comments(0)