ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

 風力発電のバッテリーボックス内の梅雨(湿気)と夏場(高温)の対策
a0249215_1815055.jpg
 トリプル冷却ファンMTF-60のファン部分と携帯ラジオ付属のDC12Vプラグを接続して吸気ファンを自作してみました。ファンの出力は500㎜Aです。

a0249215_1827227.jpg
 メルテック製 インバーター HC-500は電源がオフでもバッテリーから電源を供給できるDC12Vソケットを持っていますのでスイッチ付き3連ソケット1750円を取り付けて、ファンと接続します。

a0249215_18274059.jpg
 天然石の調湿剤です。4分割小分けして使うことが出来ます。一個450円。

a0249215_1828792.jpg
 やはり雨水が木箱(実際は底板のない木枠)の底に溜まってました。電線がゴチャリと入っていますね。(^^;)

a0249215_18301511.jpg
 木箱に一個入れて、もう一個は小分けして木箱とボックスの隙間に入れています。
[PR]
# by onizahei | 2012-06-01 18:47 | 風力発電機 | Comments(0)
 
a0249215_20281474.jpg
地元のホームセンターでトリプル冷却ファンMTF-60ジョイフル本田2,980円を購入。水槽の冷却用らしいですが、バッテリーボックスの吸気ファンに代用できるのではと衝動買い。出力DC12VなのでAC100Vの部分を取り除いて使ってみる予定です。
a0249215_20461589.jpg
コントローラの発熱を軽減するためにコントローラ出力負荷端子に接続するレギュレータ投捨用負荷(ダミーロード)を自作してみました。20数年ぶりの電気工作です。その時新しくテスター1480円コメリも購入。以前使っていたテスターは25年前から故障中だったので。自作のレギュレータは湿気除去用にも利用できそうです。
a0249215_20464693.jpg
これは余談ですが工具物置を整理していたら、AC100V/DC20V,5Vの変換インバータを発見。これも20年ほど前に秋葉原のジャンク店で500円で購入した記憶があります。部品取りに使うつもりでしまい込んでたものですが早速、新品のテスターで動作確認をしたら正常に動作しました。うれしいですね。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-30 21:35 | 風力発電機 | Comments(0)
 我が家の風力・太陽光ハイブリットシステムの場合、非常用電源として利用しますので、バッテリーは常に満充電を維持しながら余剰電力を活用する運用方法をとっています。どういうわけか晴天の日に風も吹くことが多いようで自然を相手に付き合っていくのは難しいところがあります。ソーラーパネル(100w)の方は余った電力はパネル側で自然放電・発電抑制してしまいますが、風力発電の方はコントローラのレギュレータ機能(抵抗器)を使って熱放電させています。コントローラ内部の発熱は主に、これが原因です。以前にもどこかに書いたと思いますが、余剰電力対策として朝に天気予報サイトで天候と風速状況を知り、インバータの電源を入れ24時間タイマーをセットし午前中2・3時間程度、電力を屋内のテレビ(定格100w)に供給し、午後からバッテリ充電に充てて夕方にインバータの電源を切り、夜間にはバッテリーが満充電になるようにしています。
 最近では、1時間供給しては1時間休める間欠送電にして5時間ほど給電しています。これによりバッテリー放電深度を浅くすることができ、12.5V以上をキープしていますがコントローラの負担を大きくしたかもしれません。風力発電機の発電量は少ないですが、やはり風車がさらさらと回っている姿を観たいですからね。
 今回、バッテリーボックスにソーラー換気扇を取り付けたので、いくらか改善しましたが5月でこの状態では夏場には風力発電機を休止せざる得ないかも知れません。私は昼間は勤めに出ていますので、家族が送電中にテレビを観ているとは限りませんので自動ブレーキに依存した運用はやむをえないところがあります。
冬場では見られなかったチャージランプの点滅の現象も外気温の上昇との関係があるのかもしれません。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-27 07:19 | 風力発電機 | Comments(0)
a0249215_22551180.jpg
最近は雨が多いので雨水タンクの水が余っているので私もガーデニングを始めることにしました。庭は妻のテリトリー(縄張り)なので駐車場の一郭にプランタを置いて作ることに。
a0249215_22542648.jpg
妻から物置に邪魔になっていたペットサークルをフェンスに利用してほしいと依頼されて思案中です。
a0249215_2254243.jpg
a0249215_2253389.jpg
a0249215_2252143.jpg
妻が育ている庭に咲いてる花々です。私はこれ等の花の名前を知りません。私のガーデニングは果たしてどうなることやら。(^^)
[PR]
# by onizahei | 2012-05-23 22:49 | ガーデニング | Comments(0)
a0249215_17102356.jpg
 再び換気扇の部分を切り取ったすだれをのせました。このすだれはボックスの側面に吸排気用に空けた穴からの雨の侵入をある程度は防いでくれると思います。ボックス内の温度もピーク時35度近くありましたが、ほぼ外気温と同じになりました。

 換気扇を購入した時に気が付いたのですが、総代理店「桐生」はエアードラゴンのシステムセットの価格(299,000円)を元の価格(399,000円)に戻しました。たんなる在庫調整のためのキャンペーンだったのか、並行輸入業者に対する揺さ振りだったのかわかりません。(2012年5月19日記)
[PR]
# by onizahei | 2012-05-21 17:40 | 風力発電機 | Comments(4)
 色々と思案した結果、エアードラゴンの正規総代理店「桐生」よりソーラー換気扇「ソーラーヴェントマルチタイプ」 ICP社26,250円のアウトレット商品9,000円で購入してバッテリーボックスの蓋に取り付けました。
a0249215_1847367.jpg
 機器の中でコントローラの発熱が最も高いことがわかり、ちょうどその上あたりに設置。ところが蓋が閉まらない。桐の集合材を加工して換気扇を持ち上げて、それでもあたる部分は機器全体を移動してなんとかおさまりました。どうもソーラー換気扇 ソーラーベントSV3000Digimax社7,875円 の寸法と同じと私が勘違いしたミスから起こった事です。
a0249215_18471015.jpg
 こうやって見ますと機器がごちゃごちゃと詰まってますね。過剰設備もいいところです。(*´ε` *)。
あと予定としては床下などに使用する天然石の調湿剤を入れるか、備長炭をガーゼの袋で包んだものを入れることにしています。これで夏場の高温と湿気対策は万全かな。夏になってみないと判らないところがあります。

 また、直射日光除けの断熱材入りすだれの方は、ある程度の効果が確認できましたので換気扇の部分を切り抜いて載せるつもりです。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-19 19:45 | 風力発電機 | Comments(0)
 ”独立電源用・DIY仕様のSUNFORCE社製風力発電機エアードラゴンのコントローラ機能”
5. 今までチャージランプが点滅(内部電力消費)に気を取られ、気がつかなかったのですがブレーキランプも点滅していることが昨日の夕方帰宅したときに発見。しばらく観察していますと、点滅の仕方が違うのがわかり、技術的情報があるのがわかりました。
帰宅して発見したとき自動ブレーキ作動中で5回点滅して1回休んで5回点滅するの繰り返しです。
次にチャージランプが点滅(内部電力消費)しているとき、手動ブレーキをオンしてみますと、6回点滅して1回休んで6回点滅するの繰り返しになります。次にチャージランプが正常時に手動ブレーキをオンしてみますと、2回点滅して1回休んで2回点滅するの繰り返しになります。前にブレーキランプが点灯しているのを確認しています。このことでわかるのはブレーキランプの信号によってコントローラが今どのような制御状態にあるか確認できるようになっているようです。

私のものは舶来品ですのでこういった技術的情報のサポートは受けらないのは残念です。例えばナイフスイッチや予備ヒューズが添付された経緯とか。総代理店の「桐生」が”エアードラゴンの技術情報”といったかたちで公開されないかね。(^^;)
 サポートといっても故障した時に部品の供給が迅速にできる程度のサポートで正規代理店価格での部品調達では願い下げです。ちょっとしたDIY経験者なら、もう一台新品の舶来品を購入してそこから部品取りしたほうが安くつくことを知っています。DIY仕様のサポートで重要なのは技術的情報やアドバイスです。自信のない方はエアードラゴンの実勢価格が下がってきていますので、たんにネットで購入するのではなく、問い合わせたり、価格の相談して、どの程度のサポート能力あるか見極めてから正規販売店から購入することをお薦めします。とくに大変なのはタワー建設です。私のブログがこれから風力発電機を設置しょうと考えておられる方々の参考になれば幸いです。それからDIY作品は粗大ごみ化し易いので気をつけましょう。これは私の経験からです。(^^;)
[PR]
# by onizahei | 2012-05-12 01:00 | 風力発電機 | Comments(0)
 我が家の太陽電池発電所(ソーラーフロンテア製3.78kw)の今までのトータル自給率は114%です。
今までの積算は(2011年12月26日から2012年5月11日現在)
発電量 2269kwh
消費量 1990kwh
売電量 1756kwh
買電量 1477kwh
自給率  114%
夏場には冷房を使用しますのでこの時期に自給率を稼ぎたいところです。
東京電力の売買料金は以下のとうり。(従量電灯B,契約40A,検針日9日)
1月余剰売電量233kwh9,786円使用買電量446kwh10,937円差し引き-1,151円 
2月余剰売電量322kwh13,524円使用買電量384kwh9,417円差し引き+4,107円累計2,958円
3月余剰売電量296kwh12,432円使用買電量362kwh8,913円差し引き+3,519円累計6,477円
4月余剰売電量500kwh21,000円使用買電量268kwh6,679円差し引き+14,321円累計20,798円
5月余剰売電量373kwh15,666円使用買電量199kwh5,068円差し引き+10,592円累計31,390円

東電の”電気ご使用量のお知らせ”に昨年5月分(230kwh)と比べ13%減少しているとのこと。電力料金の明細にはいろんな情報が載っているんですね。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-11 19:53 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
a0249215_19105694.jpg
 夕方に撮影した我が愛機です。耐久性があるのは風力発電機本体かコントローラかと思いつつ、せめて5年間は故障なく稼動してほしいものです。 またもチャージランプが点滅をしています。昼間から夕方までの5時間です。私の推理ですがコントローラの周辺温度が28度以上になると点滅を始め、温度が下がると正常にもどるようです。それともコントローラ内部に小さなバッテリーか、コンデンサー(キャパシタ)のようなものがあって定期的に蓄電しているのか?夜間も観察してみないとわかりません。やはり可能性として温度上昇により内部ファン起動による内部電力消費が考えられます。
a0249215_1955568.jpg
 そこで、換気のためにバッテリーボックスの両側面に小さな穴を空けてインバータのファンで換気が出来るか実験中です。雨の侵入が気になりますが、まずはボックス内の温度を低く保つことが先決だと思うので。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-08 19:24 | 風力発電機 | Comments(0)
a0249215_17531529.jpg
 雨水タンクの水を入れ替えた際にゴミ除けに娘の要らなくなったストッキングをタンクの水の入り口に取り付けたのですが、越流口に入りこんで詰まってしまい、取水器から水が溢れ出し、たいへんなことに。タンク内の水の入り口と越流口が近いために起こった現象です。そこで越流口にパイプを付けて離すことにしました。接着剤で取り付けたのでいつまでもつことやら。
a0249215_1752513.jpg
 こちらの方は二階のベランダの雨水タンクからの水を”かんたん水取りセット”を取り付けて散水してみました。水の出は余り良くありません。どうもトイの中でホースがねじれているようです。水がでないわけでもないので、しばらくようすをみることにします。
[PR]
# by onizahei | 2012-05-07 17:47 | 雨水タンク | Comments(0)