ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一月も終わりですね。清風発電所は今日の昼過ぎで505kwh/月になりました。日が暮れたらソーラークリニックに登録します。前年1月と同じぐらいの発電量を見込めそうです。ただ消費電力は716kwh/月で過去最大の記録です。自給率70%で悪い結果です。私が仕事をリタイアしてから家に居ることが多いのが主な原因のようです。対策を検討中。
a0249215_13501576.jpg
独立電源(バッテリー)で実負荷(テレビ100W)をかけてみました。ソーラーパネル300W(100W×3)は240Wぐらいの出力で良好な発電状況です。
共用のチャージコントローラー(120W受電)とグリッドタイインバーター(120W受電)とほぼ2等分して供給できています。バッテリー電圧はDC/ACインバーターを介して100W送電してますが13.1V~14.4Vで安定しています。グリッドタイインバーターのほうは60W~70Wの送電で変換効率は悪いですが安定しています。”としちゃん”に感謝です。
こういった競合する機器の組み合わせは相性の問題もあり思わぬ事故の元にもなります。参考にされる方は自己責任でお願いします。私自身、気がかりなのは思っていた以上にバッテリー充電電圧13.5V~14.5Vと高く維持されていてチャージコントローラーやバッテリーにダメージを与えるのではと心配しています。バッテリーに接続されている機器にも波及することも考えられます。

”共用問題点の考察”
機器の共用の問題点を考えています。新しい試みをするときは慎重になりますね。
チャージコントローラーEPIPDB-COM20A(PWM制御)の仕様。
http://www.chikuden-sys.com/specification.asp?id=264
ソーラーパネルAT-MA100Aの仕様。
http://www.chikuden-sys.com/category/solar-panel.asp?id=3597&c2id=11
ここの販売店ではパネル600Wに対して”50A以上の容量を持つMPPTコントローラーが必要”であると説明例があり、パネル300Wでは25A以上となります。
機種は違いますがチャージコントローラー20Aのパネル最大入力260Wと明記している販売店もあります。
http://item.rakuten.co.jp/auc-eitaijapan/tracer-2210rn?scid=af_pc_etc&sc2id=240564154

我が家のEPIPDB-COM20Aでは容量不足で焼損する可能性があります。
共用状態の時には問題はないのですがグリッドタイインバーターが故障、停電、OFFした場合に送電が停止し、チャージコントローラー側に300Wの入力負荷がかかります。
考えられる方策
・比較的日射量の少ない時にGTIをOFFして入力電流値の推移を観察する。
・安全が確認できないのでパネル200W共用に変更する。
・パネル200Wに変更してGTIをOFFして暫く様子を観察してからパネル300Wに戻す。この方法が妥当なので配線の方法を思案中。

思案の結果、
切り替えスイッチで共用/解除の配線回路を組みました。
共用時はパネル300W。解除時はGTIに200W、チャージャ100Wに分離。
・共用200Wの回路ではパネル100W分使わずに余ってしまう。
・GTIをOFFしなければ問題は起こらない。(テストすることはできる)
・リスクがあってもGTIが不安定な状態のときにチャージャへの入力電流の推移で異常の確認ができる。
・よほど故障、停電といった悪条件が揃わないと焼損事故は起こらないと推測できる。
・パネル100Wの仕様では最大出力動作電流5.71Aで300Wでも17.13Aで許容の範囲。
といった理由で、パネル300W共用を継続し、緊急時には解除してやり過ごすことにしました。
もう少し色々なデータが欲しいところです。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 509kwh/511kwh(前年1月実績)
1月31日(日)晴れ 10/-1° 風速1m/s
発電量 20.3kwh
消費量 26.7kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作129w
蓄電池電圧 13.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:風もなく穏やか。
[PR]
by onizahei | 2016-01-31 16:05 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
今日はバッテリーボックス内の清掃をしました。蓋を一年中半開きにしているので結構埃だらけです。
a0249215_14502053.jpg
思っていたより機器の傷みはありません。我が家の独立電源の機器類のほとんど中国製ですが故障もなく5年目(4年3ヶ月)を迎えました。海外ブランド品や日本製の機器で揃えれば設備費用は3倍以上かかります。

ソーラーチャージャとGTIの共用実験は継続中です。順調に推移しています。あとは晴天強風時に実負荷をかけてフル稼働したときにトラブルがなければ思わくどうりの余剰電力自動制御の成功です。楽しみです。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 484kwh/511kwh(前年1月実績)
1月29日(金)曇り 5/-2° 風速2m/s
発電量  2.0kwh
消費量 21.6kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作38w
蓄電池電圧 12.9V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-30 15:06 | 風力発電機 | Comments(0)
ソーラー300WをチャージコントローラーEPIPDB-COM20A(PWM制御)とグリッドタイインバーター500W(MPPT制御初期タイプ)共用使用の実験を試みました。販売店はこのような使い方は故障の要因になるとして保障してません。リスクが伴います。参考にされる方は自己責任でお願いします。
私が参考にしたブログ(コメント欄:としちゃんのコメント)
”現在、太陽光の電力から、バッテリー充電とGTIへ同時供給しています。”
http://oink65.blog.so-net.ne.jp/batt1y
a0249215_9333399.jpg
今まではソーラー300Wのうち200Wをグリッドタイインバーターに送電し、100Wを切り替えスイッチ(DCS2P15A)でチャージコントローラーとグリッドタイインバーターとを競合しないように切り替えて使ってました。
それをソーラー300Wにチャージコントローラーとグリッドタイインバーターとを並列接続して共用競合状態にする。
チャージコントローラーとグリッドタイインバーター共に稼働してます。チャージコントローラーが過充電防止の充電抑制を始めると自動でグリッドタイインバーターの出力が上昇します。
a0249215_1030932.jpg
実験1時間後の状態。バッテリー充電電圧14.6V。充電電流1.4A。グリッドタイインバーターの出力129W。
実験2時間後チャージコントローラーは休止状態(チャージランプ消灯)。バッテリー電圧13.5V。グリッドタイインバーター出力134W。
3時間後以降チャージコントローラーは充電と休止を交互に繰り返し安定してきました。バッテリー電圧13.5V~14.5V。グリッドタイインバーター出力134W~161W。これでしばらく様子を見ます。

独立電源を取り扱う専門店ではバッテリー12V並列接続を推奨していません。それは僅かの電位差でバッテリー間に電流が流れてダメージを与えてバッテリーの寿命を短くするからです。販売店の配慮で製造日の近いできるだけ電位差の少ない2個のバッテリーを発送してくれましたがそれでも0.1V(100mV)の電位差があります。
今使っているチャージコントローラー”EPIPDB-COM20A”は2個のバッテリーを個別に充電できますが並列接続された2個のバッテリーにそのまま使って疑似的な均等充電を実現しています。今のところバッテリー間の電位差によるダメージはみられません。

”トライスタ―45”の利用
”トライスタ―45”といったコントローラーのほうがグリッドタイインバーターとの相性が良さそうに思えます。
私は過剰設備になるので購入していませんが転換制御モードを使って投げ捨てる余剰電力をグリッドタイインバーターで利用する方法です。ただし、GTIが故障、停電、OFFした時の手立てを考えないと波及事故が起こる。
投げ捨て用抵抗器(温水ヒーター等)を装着してGTIと並列接続すればうまくいきそうに思えますがやはり一工夫が必要かも。風車にも対応しており汎用性の高い注目のチャージコントローラーです。
チャージコントローラーTS-45の製品概要
http://item.rakuten.co.jp/ikoro-solar/ecc-045?scid=af_pc_etc&sc2id=240564154

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 440kwh/511kwh(前年1月実績)
1月26日(火)晴れ 8/-4° 風速2m/s
発電量 23.1kwh
消費量 28.4kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作135w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-27 10:46 | 風力発電機 | Comments(2)
昨日は強風の晴天です。独立電源で昼間6時間ほど100W送電しています。夕方よりバッテリー充電に充て今日の朝にはバッテリー電圧12.8Vに回復しています。今日は昨日より風は弱く風速3・4m/sぐらいです。充電電圧は12.8V~13.5Vを維持してます。時々突風で風車は自動停止(14.5V)しますが送電できるほどの風ではありません。充電をやめると1日で12.4V、三日目には12.2Vまで落ちます。バッテリー(SMF31MS-850)は4年3か月経過しており新品時より能力が半減していると思われます。
a0249215_10355581.jpg
観察中の”ボルテージチューニング”は個体差があるようで13.8Vから作動開始12.6VでOFFします。中に半固定抵抗があって調整できそうですがロックペイントされてますのでそのまま使ってます。風車のピーキーな発電特性にはちょうど良い。

バッテリーを再生を試みられた方のブログ
http://inaganopresley.blogspot.jp/2014/09/1.html
http://oink65.blog.so-net.ne.jp/ds_barashi

次に購入するならば日本製のものと考えています。
HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 電動車バッテリー [ サイクルサービス用鉛蓄電池 ] EB100-L
20,901円。日本製バッテリーも安くなってきました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B008V2T8WK/ref=dra_a_rv_lb_hn_xx_P1300_1000?tag=dradisplay0jp-22&ascsubtag=1b016baa72365f71706fbbc6231bff39_S

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 395kwh/511kwh(前年1月実績)
1月24日(日)晴れ 6/-2° 風速7m/s
発電量 23.1kwh
消費量 28.4kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作159w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-25 11:13 | 風力発電機 | Comments(0)
ソーラークリニックでトップ発電所として君臨していた静岡県の中泉発電所の12月の登録発電量が極端に低いです。記載ミスかトラブルがあった模様。静岡県2位のCISポニョ8発電所は日射量比の変化は見られない。1月の発電量を注目したいところです。
茨城県では
トラさん発電所が全国1730件中11位。年間発電量では全国8位でトップテン入りしています。
2位の清風発電所は全国13位。年間発電量は全国26位。
2015年の年間1500kwh/kw以上の発電所は30件ぐらいで2014年の101件と比べて減っています。上位グループでは年間100kwh/kwの減少です。2015年は雨も多く日射量に恵まれていない年でしたね。
a0249215_837429.jpg
玄関前の残雪。今日も雪が降るとのこと。どうなることやら。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 372kwh/511kwh(前年1月実績)
1月23日(土)曇り 5/-2° 風速2m/s
発電量  7.7kwh
消費量 29.1kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作14w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-24 08:38 | 太陽電池発電所 | Comments(0)
ホームセンターでボルテージチューニング2890円を購入。パルス波でバッテリーのサルフェーション(不純物)を除去するものでバッテリーの寿命を延ばすことができるらしい。効果が現れるまでに数か月掛かるとのこと。
a0249215_17155755.jpg
12V自動車バッテリー用なので我が家の独立電源のバッテリーでも利用できるか検証してみたいと思ってます。長期間運用してみないと効果が分からないところもあり、気休め程度に思ってます。

ネットでも売ってます。レビューを見るとこの商品13.2Vから作動開始12.0VでOFFするみたい。
http://www.amazon.co.jp/REMIX-%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-5566y-%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%972-DC12V%E5%B0%82%E7%94%A8/dp/B0038LQR6Y
a0249215_951358.jpg
取り付けてみました。バッテリー電圧12.7V。変化なし。ソーラー100Wで充電開始。充電電圧13.5Vあたりでボルテージチューニングが作動してLEDランプ点灯。充電を中止してバッテリー電圧12.8Vでも作動中。12.0V以下でOFFになれば正常動作していることになります。あとはソーラーチャージャや風車のコントローラーに不具合が起こるかしばらく観察します。
バッテリー(SMF31MS-850)2台を並列接続して230Ahの大容量ですので再生回復には通常の3.4倍の時間が掛かる。漢方薬のようにじわーと効いてくるといいですね。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 341kwh/511kwh(前年1月実績)
1月21日(木)晴れ 8/0° 風速4m/s
発電量 18.2kwh
消費量 26.5kwh 屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作134w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-21 19:03 | 風力発電機 | Comments(0)
朝方は小雪が舞ってましたが晴天です。風も強く風車日和。風速6m/sの風で独立電源で100w送電してます。
バッテリー電圧は11.7Vまで落ちます。夕方に送電を止めて充電に充てます。5年目のバッテリーでだいぶへたってきてます。無負荷状態で12.2V。まだ風が吹いていますので朝には12.8Vぐらいに回復します。
a0249215_15574772.jpg
屋根の雪はもう溶けてありません。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 315kwh/511kwh(前年1月実績)
1月20日(水)晴れ 5/-3° 風速6m/s
発電量 21.0kwh
消費量 23.2kwh 
屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作151w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-20 16:16 | 風力発電機 | Comments(0)
関東平野はこの冬初めての雪です。風車は雪を被りながら回ってます。壮観です。
a0249215_7504818.jpg
窓うちから撮影。蛍光灯の映り込みがあります。UFOではありません。^^
a0249215_751860.jpg
こちらは少し窓を開けて撮影。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 279kwh/511kwh(前年1月実績)
1月17日(日)晴れ 8/-1° 風速2m/s
発電量 12.3kwh
消費量 23.0kwh 
屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作138w
蓄電池電圧 12.8V(ソーラー・風車で充電)
所見:寒い。
[PR]
by onizahei | 2016-01-18 08:06 | 風力発電機 | Comments(0)
埃に被っていた健康器具を引っ張り出して足腰を鍛えることにしました。寒いときは散歩するのもおっくうですしね。風車を眺めながら汗をかいています。
a0249215_10182666.jpg
右側の自転車こぎの物は妻の購入で価格はわかりませんが、左側の物はリサイクルショップで300円でした。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 247kwh/511kwh(前年1月実績)
1月15日(金)晴れ 9/-1° 風速2m/s
発電量 17.4kwh
消費量 22.0kwh 
屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作133w
蓄電池電圧 12.7V(ソーラー・風車で充電)
所見:昼間は暖かい。
[PR]
by onizahei | 2016-01-16 10:38 | Comments(2)
我が家の日立製掃除機は建築時に廊下や各部屋にダクトが配管されています。
a0249215_1132275.jpg
排気が屋外に出て室内の空気を汚すこともなくホースだけですので軽いです。
a0249215_1135058.jpg
16年間使用した掃除機の故障の原因はモーターのカーボンブラシが摩耗してそれを押さえている金属片が回転子軸に接触し、大きな異音と吸引力が落ちていました。日立のサービスセンターに修理を依頼したところ迅速に対応していただき感謝しています。
a0249215_114829.jpg
モーター本体を交換して修理が完了。かかった費用は出張料込みで合計24,192円です。良い製品は一生ものですね。
修理費明細は
技術料:12,000円
部品代: 7,000円(モーター)
出張料: 3,400円
その他:     0円
消費税等:1,792円
明朗会計で小気味よい。
日本でのDIY技術が成熟して部品代だけで済む時代が来ると良いですね。その為にはメーカー側が製品を分解しやすくする必要があります。今回はモーター交換でしたがカーボンブラシ交換ならば数百円ですむ。もったいない話です。例えば自分で修理できる旨を申し出ると部品と簡単な取扱説明書を添付して送られてくるとかです。もちろん責任分岐が確立したものであるのが必要条件ですが。
[PR]
by onizahei | 2016-01-12 11:57 | Comments(0)