ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

戒名の付け方

今日は本門佛立宗の布教区壮年会講習会に参加するために大宮の「妙玉寺」に行って来ました。
今回のテーマは「本門佛立宗の法号(法名・戒名)の付け方について」です。
一般的にはあの世においてお釈迦様の弟子となるための名前とされています。付け方は日蓮門下(法華宗・本門法華宗)の作法を踏襲されております。

年齢での区分(目安)
    法※水子(男子)・妙※水子(女子)・・・流産、一歳未満
    法※孩子(男子)・妙※孩子(女子)・・・一歳~三歳位、女子を孩女とする場合もあり
    法※嬰子(男子)・妙※嬰子(女子)・・・四歳~六歳位、女子を嬰女とする場合もあり
    ※※童子(男子)・※※童女(女子)・・・七歳~十四歳位
    ※※信士(男性)・※※信女(女性)・・・十五歳~四十代以降
    ※※居士(男性)・※※大姉(女性)・・・五十代以降

本門佛立宗の法号には俗に言う戒名代はありません。故人の生前の信心、功徳の積み方、貢献度によって法号が付与されます。
法号には
    院号・・・※※院(三文字のうち一文字は苗字から採る場合が多い)
    勲号・・・※勲(本山より特別に授与されて教勲・講勲・法勲・清勲・浄勲があります)
    道号・・・法※(男性)・妙※(女性)信心の深い方に付加される一文字で経典から採る場合が多い
         または職業や芸事に秀でた方で法・妙の文字にこだわらず二文字で表すこともある
    日号・・・日※(日蓮が弟子旦那という意味で信徒に付加されて名前から採る場合が多い)
    位号・・・信士・居士(男性)信女・大姉(女性)功徳の積み方、貢献度によって付加される
         大居士・清大姉の位号もありますが極めて稀です

例えば俗名「石原裕次郎」ならば
    「本石院法得日裕居士」となります。院号・道号・日号・位号の順に並びます。
ここで取り上げたものは基本的なもので御住職の裁量によっても変わります。ただし、差別を誘因する文字は避けられています。
ちなみに私の祖父母・父母の法号は
    祖父・・・本薗院浄徳日茂居士
    祖母・・・宝薗院妙栄日留大姉
    父・・・・・法薗院妙得日政信士
    母・・・・・香薗院清蓮日冬信女
となっています。
名も無く慎ましく生きた祖父母・父母でしたが立派な法号を頂いたものだと感謝しております。
財の功徳の高い信者さんによって貧しかった我が家も生かされています。宗門のコミニティーの良さですね。有難いことです。
a0249215_18405913.jpg
妙玉寺の納骨堂前にて。

清風発電所(CIS3.78KW)の発電データ 442kwh/458kwh(前年6月実績)
6月28日(日)晴れ 30/20° 風速3m/s
発電量 21.9kwh 
消費量 13.8kwh 
屋根散水 休止。
GTI(100w×3) 正常に動作155w
蓄電池電圧 13.0V(ソーラー・風車で充電)
所見:暑い。

    
[PR]
by onizahei | 2015-06-28 19:16 | お寺さん | Comments(0)