ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

屋根散水システム

 私の屋根散水システムは行き詰っています。2階の雨水タンクの水で屋根散水をしたところ、またもポンプのローターを壊してしまった。原因は押込み圧が高すぎたみたいです。失敗の連続です。
・塩ビ管の散水装置は水の絶対量が少なく一部にしか流れない。上水道、井戸ポンプでも同じ結果になりました。当初、水がポタポタと落ちる程度で良いと考えていたのですがソーラーパネルの継なぎ目から水が落ちて屋根瓦に行ってしまい上部しか濡れない。やはり霧状に雨のように降り注いだほうがいいみたいです。
・やむなく市販の散水器を使用したのですが水圧が上がらずうまく動作しない。どうもポンプ類は押込み圧2m以内で使用しないとポンプが壊れるようです。2階の雨水タンクの水圧(約5m)でポンプの負担を軽減しょうと思ったのですが変えって壊してしまった。
a0249215_852542.jpg
 現在は井戸ポンプに手動タイマー(880円)を付けて市販の散水器を使ってデータを収集中です。散水中は日光を遮って発電低下したり、井戸ポンプの消費電力(AC100V405W)がソーラーパネルの発電向上分より上まっていたりして悩ましい問題があります。当初の”雨水タンクより独立電源の余剰電力で屋根散水し落ちた水を雨水タンクに回収する”といった構想から離れてエコになってませんね。(^^;)

 もう一度、基本に戻ってポンプの選定から考えてみたいと思っています。
[PR]
by onizahei | 2013-04-20 08:06 | 太陽光・散水システム | Comments(4)
Commented by Rat Shannon at 2013-04-20 21:55 x
パネルの裏の管を水が流れて冷却して、その暖められた
水がどこかで冷却されて循環すると素敵ですね。

GTI200wのソーラーパネルで0.92kwh/day発電しました。
Commented by onizahei at 2013-04-21 05:43
ソーラーパネルの裏面に真空管熱交換器を取り付けて太陽熱ソーラーと一体型化した中国製品があります。日本でも販売されてますが価格も高いし、重さや耐久性に難があります。これからの商品ですね。GTIは停電時には保護回路が働いて利用できませんので、そんなとき発電した電力を利用する工夫をすると面白いと思います。
Commented by とおりすがりのオッサン at 2013-07-13 00:29 x
私もソーラーパネル冷却用+屋根冷却用で雨水散水してます。
雨水タンク1000L,ポンプは200Wの井戸水用インバーターポンプ、オムロンの電子サーモスタットで55度で散水開始設定です。
BENの20パイ電磁弁で水の制御してます。
散水噴射部分はカクダイの散水ヘッドを11個つかってます。
水圧調節は電磁弁の後ろに手回しのバルブを使ってアナログ制御してます。
総額8万円くらいで自作しました。
新築設計時に雨水、散水した水がなるべく片側に集まるように雨どいを設置したのがミソです。
Commented by onizahei at 2013-07-13 05:27
貴重なご意見、ありがとうございます。m(__)m我が家の屋根散水システムは行き詰っています。サーモを使って自動散水。いいですね!参考にさせて頂きます。!!