ブログトップ

風まかせ

onizahei.exblog.jp

風力発電機を設置しました。 ”風力・太陽光発電”のブログ

太陽光発電の実績

”3.11大震災以後、我が家のエコ計画はほぼ完了する。”
2011年12月26日から運転開始した我が家の太陽電池発電所(ソーラーフロンテア製3.78kw)は順調に稼動しております。
今までの積算は(2011年12月26日から2012年2月24日現在)
発電量 1002kwh
消費量 1054kwh
売電量  757kwh
買電量  809kwh
自給率   95%
となっています。日本のエネルギー自給率は4%ですので電力に関しては、ほぼ達成したことになります。このデータでわかるように245kwh(25%)の電力は自家発電で補っており、残り(75%)は余剰電力の売買で賄っていることがわかります。独立電源の風力発電システムがどの程度貢献しているかはよくわかりません。ただ夜間停電時に500wぐらいの電源を3時間程度は確保できたと思っています。また投下した資金200万円も節電に心掛ければ10年以内に回収できそうです。東京電力との系統連系の受給契約により1キロワット時につき42円で10年間売ることが出来ます。(我が家で買うのは1キロワット時につき23円)2011年12月現時点
東京電力の売買料金は以下のとうり。(従量電灯B,契約40A,検針日9日)
1月余剰売電量233kwh9,786円使用買電量446kwh10,937円差し引き-1,151円 
2月余剰売電量322kwh13,524円使用買電量384kwh9,417円差し引き+4,107円トータル2,958円

 現在の独立電源・風力発電システムの余剰電力管理対策として朝の出勤前に天気予報サイト「ウェザーニューズ」で天候と風速状況を知り、インバータの電源を入れ24時間タイマーをセットし2・3時間程度、電力を屋内のテレビ(定格100w)に供給し、帰宅したらインバータの電源を切るのを日課にしています。夕方にはバッテリーが満充電になるように配慮しています。こういった工夫により消耗品であるバッテリーの交換費用ぐらいは捻出したいと考えています。
[PR]
by onizahei | 2012-02-25 21:29 | 太陽電池発電所 | Comments(0)